森栗 茂一
登録番号:13-003
森栗 茂一
【所属】 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター 教授
森栗 茂一
登録番号:13-003
森栗 茂一
担当した派遣 1
活動ポイント 6 P

※「活動ポイント」とは、公共人材として派遣活動や研鑽活動(勉強会への参加など)をしていることを表した指標です。

所属 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター 教授
分野カテゴリー
得意とする支援分野
コミュニティ、皆で考える生活交通・自転車、地域の子は地域で育てる、温暖化防止の地域実践、皆が元気になる組織運営、ワークショップの方法、まちの宝発見、地蔵さんのある暮らしを活かす
主なプロフィール
盛り場の生活史を研究してきたが、阪神大震災以後、瓦礫撤去からまちづくりを、仮設住宅の支援からコミュニティづくりを実践するほか、地蔵盆の支援、故郷の景観、震災学習修学旅行の実践、住民協働型交通まちづくりに携わる。
在籍する大学院の専門家に共通科目を提供するほか、学生をまちに連れ出し学ばせている。
主な活動 (市内での講演実績 や活動実績)
平成20年度 大阪市北ブロック
・ファシリテーション実践講座 講師(つながる・ひろがる・おもろいまちワークⅡ)
平成21年度 大阪市
・大阪市コミュニティビジョン研究会 委員
平成22年度 都島区
・地域づくりに関する会議のファシリテーター
平成23年度 大阪市
・大阪市社会的ビジネス事業委託化に向けた検討会議 座長
平成24年度 大阪市
・大阪市協働型事業委託に関する第三者会議 座長
自己PR
大阪の市民は400年前から、自分たちの町は自分たちで作ってきた。
地域は地域が主体的に護る。
大阪市では、協働型事業委託制度(みんなで議論したことに役所が予算をつけて任せる)やコミュニティビジネス(みんなで参加し、お金がまわる仕組みのなかで持続的に地域活動をする)など、積極的に市民活動の支援制度を作ってきた。
制度を活用する支援を、市民のみなさんと一緒にすすめたい。
派遣実績
まちづくりに関する講演
人材育成・担い手作り
淀川区
まちづくりに関する講演
2017/7/2